スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

家のそばの教会で演奏会です。知られざるスエーデンの作曲がベルワルド。


昨日と明日いえのそばの教会で演奏会があります。
曲目は、ベートヴェンのクラリネットとファゴットのための二重奏曲。
因みにこの曲は1803年にフランスのパリでベートーヴェン作曲と書かれて、始めて出版されたそうですが、これには全く証拠がなく、もしかしたら、誰かがお名前を借りてしまって出版してしまったのかも知れないそうです。それでもスゴーク楽しい曲だから、それはそれで良いのです。
今回のプログラムで知られざる北欧の作曲Franz Berwaldのピアノ四重奏を演奏します。編成は、ピアノ、クラリネット、ホルン、と、ファゴット。これがなかなか素敵な曲。
それでネットをあれこれ調べてたら何とさすがオタクの日本こんなサイト見つけちゃいました。
その名を『ベルワルド研究会』 さすがは日本だ。
それはさておき、1796年ストックホルムに生まれたベルワルドはベルリンにすんだり、ウイーンに住んだりしますが結局は作曲家としてあまり大成しなかったようです。(フランツ ベルワルドでグーグルすると出てます。興味にある方はどうぞ)
一緒に演奏するホルンの方がスウェーデン人なので、彼も是非この作曲家を紹介したいようで、この時代の知られざる作曲家の曲を演奏する機会に恵まれて本当にうれしい限りです。
では頑張って演奏しまーす。

スポンサーサイト
プロフィール

Ayako Oshima

Author:Ayako Oshima
NY在住のクラリネット奏者,大島文子です。音楽の事,クラリネットの事、主人チャールーズ ナイディックの事をNYから発信して行きたいと思います。

Ayako Oshima on Facebook

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。