スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

長いことご無沙汰しました。

長いことブログの更新をさぼってしまいました。
その間にご訪問いただいたりコメントを書いてくださった方々、すみませんでした。ってここまで書いて、本当にブログって変だなあ???と思っています。誰が強制している訳でもないのに、更新しないと罪の意識にかられ、なんか自分にプレッシャーがかかっちゃう、、、、、ッさ肩の力を抜いて、、、、、

アメリカは皆様もご存知のように9月が新学期です。またまた一年が始まったって感じです。前にもお話ししましたが、私、大島文子と主人、チャールズ ナイディックは、ニューヨークのジュリアード音楽院でクラリネットと室内楽を教えています。今日はそのジュリアード音楽院のお話です。私たち二人あわせて、12人(クラリネット)の生徒をジュリアードで教えています。このうちアメリカ人は3人だけ、後はみんな外国から勉強に来ている子供たちです。クラリネットが大好きで、スゴークうまくなりたくて、アメリカに来た子たちです。ジュリアードには世界から子供たち勉強に来ます。
クラリネットの生徒の内訳は、ロシア人、マセドニア人、イスラエル人、カナダ人、中国人、ポーランド人
この中にジプシーの音楽家の子供がいるんです。国籍はマセドニアなんですが、血はジプシーなんです。この子が凄い!フォーックミュージックは何でもできちゃう。トルコ風、ギリシャ風、ブルガリア風、マセドニア風。すばらしい才能の持ち主です。前にもお話したんですが、http://blogs.yahoo.co.jp/ayakooshima/archive/2006/06/24
クラシック音楽って、すごーく民族音楽の影響を受けているんです。ジプシーのリズム感、歌い回し、テクニックにはハイドンも、モーツアルトも ベートーヴェンも ブラームスも、バルトークも、びっくりして、感動したはずなんです。出なければ彼らにあのリズムも旋律も無かったはずですから。
そして今、私も、びっくりしてます。
それぞれがすばらしい才能の持ち主!でも決しておごること無く、一生懸命、ひたすら音楽のことを考えている。
私も学ぶことたくさんあります。

プロフィール

Ayako Oshima

Author:Ayako Oshima
NY在住のクラリネット奏者,大島文子です。音楽の事,クラリネットの事、主人チャールーズ ナイディックの事をNYから発信して行きたいと思います。

Ayako Oshima on Facebook

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。