スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

かなりショックです

今日日本にいる生徒から電話で、日本音楽コンクールの結果です。我々の生徒はいっさい一次をとうらなかったようです。私としてはかなりびっくりで、そんな!と云う感じです。
かなりショックです。というのは私なりに今のクラリネット界を考えて、私の生徒はそんなに音楽的にもテクニック的にも弱いとは思えないのです。
私がミュンヘンのコンクールをやったとき、審査委員の一人が、『もし審査委員の顔ぶれが違ったらあなたは優勝してただろう』と言われたことです。これってショックでした。音楽の審査ッて結局その人の趣味や、好みなんですか???
でもミュンヘンの凄いとこは次の年から審査委員、全とっかえ!オルガナイザーがおかしいと思った訳で、
コンクールというのは、審査員が如何に公平に音楽のことを考えられるかってことですよね。
そのくらい考えられる音楽家が日本では審査員になってないってことなんでしょうか?
こんなこと私が書くと、負け惜しみか?ッて思われるかもしれないけど、これッて本当に言えることなんです。本当に音楽家を審査するって大変なんです!
しかもその人の一生を左右するかもしれないのです。
私もこのコンクールの審査をしたことがありますが、本当に公平審査するために、毎日頭を悩ませました。
何か、しなきゃと今ちょっとあせってます。
ニューヨークにのほほんといては駄目なのかも!!!
私にできることはなんなのでしょう????
とにかく自分の音楽を突き進んで行きます。
私の生徒もそうあってほしいと思います。世間に負けないで!!!

プロフィール

Ayako Oshima

Author:Ayako Oshima
NY在住のクラリネット奏者,大島文子です。音楽の事,クラリネットの事、主人チャールーズ ナイディックの事をNYから発信して行きたいと思います。

Ayako Oshima on Facebook

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。