スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつもの出だしですが、ご無沙汰しています。皆様お元気ですか?




前の記事からもう二ヶ月近くたとうとしています。本当にご無沙汰しました。皆様お元気でしょうか?きっと暮れでお忙しい事と存じます。
私は先月11月の半ばから、12月のはじめまで、日本に帰っていました。今回は演奏会ではなく前にも書きましたが、コンクールの審査で帰国しました。実際に審査をしたのは5日間だけだったのですが、審査と審査の間が開いてしまって、結局2週間以上いる事になりました。
そこで今回、開いているスケジュールを使って新しいCDの録音をしました。そしてそのCDが来月一月の中旬に発売になります。
日本に歌だけを入れた、CDです。内容を簡単にお知らせすると、「からたちの花」、「赤とんぼ」、「ペチカ」など山田耕筰の作品を八曲ほど、石川啄木の詩に高田三郎が音楽をつけた作品を八曲ほど、その他に「七つの子」「シャボン玉」「宵待草」など27曲録音しました。
私の母は声楽家だったので、子供のころからから日本の歌は聞いていました。
この事は詳しくCDのブックレットに書いてありますが、とにかく初めて、高田三郎の作曲、石川啄木の「不来訪(こずかた)の」を聞いたときその音楽と詩のすばらしさに凄く感動したのを今でも憶えています。その言葉の美しさと、意味の深さ、そして音楽のすばらしさです。
「不来訪の お城の草に寝ころびて 空にすわれし 十五の心」
我々のCDはこの「十五の心」をタイトルにしました。
私はリサイタルのプログラムにもう何年も前から、日本の歌を入れて来ました。
言葉をしゃべれない楽器が歌の意味をどれだけ表現できるかというのは私の長年の課題でした。この詩の美しさと、言葉のもつ深い意味、そして「こころ」を表現するという事に今回挑戦をしてみました。
自分で言うのもお恥ずかしいのですが、姉、大島直子のピアノもすばらしく、我々が本当に満足のいく物に仕上がりました。
このCD発売に合わせて、来月1月に東京、群馬、大阪、松本、で演奏会を行ないます。もちろん、この日本の歌もプログラムに入っています。是非是非聞いていただきたいです。もしお近くでしたら是非お足をお運びください。
来年も今年同様、素敵な出会いがありますように!
良いお年をお迎えください。
http://www.ayakooshima.com

2008年一月
18日:7時開演 新宿、ドルチェ楽器サロンhttp://www.dolce.co.jp/concert_tokyo.html#cl-fumiko
20日:3時開演、群馬県東吾妻町コンベンションホールhttp://www.pref.gunma.jp/cts/PortalServlet?DISPLAY_ID=DIRECT&NEXT_DISPLAY_ID=U&CONTENTS_ID=53045
22日:6時半開演、大阪ブラスアライアンス、サロンhttp://osakabrass.com/
24日:8時開演、松本浅間温泉、菊之湯ロビー http://kikunoyu.com/

スポンサーサイト
プロフィール

Ayako Oshima

Author:Ayako Oshima
NY在住のクラリネット奏者,大島文子です。音楽の事,クラリネットの事、主人チャールーズ ナイディックの事をNYから発信して行きたいと思います。

Ayako Oshima on Facebook

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。