スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

主人チャーリの楽器そして私の楽器

セゲルケ4
昨日は主人チャールズナイディクがベートヴェンのピアノコンチャルトを指揮して,自分もロッシーニのイントロダクション、テーマとヴァリエンションを吹き振りする演奏会がありました。指揮をして出ずっぱりで,さー最後はロッシーニです。ってこれ結構大変そうです。しかもコンサートがNYのダウンタウンの教会で行なわれたんですが、NYは五月になるというのにとっても寒い日で、もう暖房が無いから教会の中が寒くって,しょうがないから、私がクラリネットを前もって暖めておきました。
で話は楽器の話になるんですが、いま主人が使っている楽器はセゲルケ作ののツゲ(柘)のフレンチベーム式の楽器です。この楽器が出来るまでの歴史についてチョッコシおつきあいきださい。

続きを読む

スポンサーサイト
プロフィール

Ayako Oshima

Author:Ayako Oshima
NY在住のクラリネット奏者,大島文子です。音楽の事,クラリネットの事、主人チャールーズ ナイディックの事をNYから発信して行きたいと思います。

Ayako Oshima on Facebook

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
未分類 (104)
お知らせ (10)
学校のこと (4)
NYでの音楽会 (10)
クラリネット奏者の事 (1)
私のCD (3)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。