スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

またもや知らなかった作曲の作品、Zdenek Fibichをご存じすか?

        フィビッチ

先週、行った室内楽のコンサートで、Zdenek Fibich の作品42の五重奏曲を演奏しました。40分近い大曲です。
彼の詳しい経歴についてはwikipediaを見ていただけば良いのですが、チェコの作曲家でパリとマンハイムにすんでいたようです。
この作品がとっても良い曲で、まるでいろんな作曲家の万華鏡のような作品、ある部分はシューマンだったりあるとこはチャイーコフスキーみたいだったり、ドヴォルザークみたいだったり。演奏する方にはかなり面白い作品です。
冒頭はクラリネットがすてきに歌います、ホルンも珍しく(ごめんなさい)とっても長ーいソロがあったり、ヴァイオリンは一人で忙しくオブリガートを担当したり。チェロはいろいろな楽器と掛け合いをして、そしてなんといってもかなり音の多いピアノパートは微妙にあっているのかあっていないのか解らな内声の和音で急が進行していきます。
そして楽章の最後は絵に描いたようにまるで宗教音楽のようなエンディングで、思わず演奏した後にアーメンと言ってしまいそうです。
ッてな感じの曲なんですが、
共演は私の大好きなホルン奏者のデーヴィット ジェリー
前にも彼の事は記事にしましたが、ホルンパートがかなり重要なのですので、彼ならばっちり、さすがにすばらしい演奏でした。
私もかなり充実した、演奏が出来ました。演奏するのは非常に楽しかったです。しかし長かったです
セゲルケのA管がやっとしっくり手にはまって来たようです。



スポンサーサイト
プロフィール

Ayako Oshima

Author:Ayako Oshima
NY在住のクラリネット奏者,大島文子です。音楽の事,クラリネットの事、主人チャールーズ ナイディックの事をNYから発信して行きたいと思います。

Ayako Oshima on Facebook

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。