スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マイヤーファミリーがジュリアードにマスタークラスに来てくれました。

主人チャールズナイディックはヨーロッパのコンサートやコンクールではいつも会ってるザビーマイヤーや、お兄さんのヴォルフガング、ご主人のレイナー ウェールさん。でもNYでお会いするのはたぶんが今回初めて!
ジュリアード音楽院にマスタークラスをしにきてくれました。
このトリオの名前はTrio di Clarone、最初に3人で演奏してくれたんですが、
421217_372953642719371_268919533122783_1631621_1417897623_n.jpg
ザビーネが常に低音域を担当、3人とっても楽しいそうに演奏してくれました。本当にアンサンブルを楽しそうに演奏するのは見ていて、聞いていているのは気持ちのいい物です。
その後、ザビーネがマスタークラスをしてくれました。
言っている内容は我々と全く同じ、「そういう演奏じゃ面白くないでしょ」っていうのもおんなじ!

427301_372766926071376_268919533122783_1631084_698911675_n.jpg

生徒にとってはとっても勉強になった事でしょう。
この後、主人は夜の飛行機でベルギーへ、本当に一寸だけご一緒できました。今度はゆっくり美味しい物でも食べに行きたいですね。

コメント

非公開コメント

No title

hornpipeさん、そう、いろいろお互い影響し合うのは良いですね。どんどんクラリネットという楽器の可能性と知名度が上がってくれるのが我々はやっぱり嬉しいんですね。
> クラリネットトリオはやっぱり楽しいですね。この3人に影響されて、ジュリアードの先生3人、チャーリーと私とアラン ケイと結成しようと話になりました。

No title

そうやって世界の名手たちとつながってるんですね。

前回トリオが来日したときは、ザビーネが常に上を吹いてました。

日本のアマチュア・グループに「トリオで暮らそうね」というクラリネット・トリオがあり、これは傑作だと思います(笑)。
プロフィール

Ayako Oshima

Author:Ayako Oshima
NY在住のクラリネット奏者,大島文子です。音楽の事,クラリネットの事、主人チャールーズ ナイディックの事をNYから発信して行きたいと思います。

Ayako Oshima on Facebook

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。