スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サンクスギヴィングホリデイ


この木曜日(11/23)から、アメリカの学校はサンクスギヴィングホリデイでした。11月の第三木曜日から4日間お休みになります。いつも開いている学校もこのときはしまってしまい、学校によっては寮からも出なければ行けないところもあります。さすがにジュリアードは外国の生徒が多いので、寮は出る必要は無いのですがそれでも、木曜日は学校はいっさい使えません。
このサンクスギヴィングには、七面鳥を焼いてたべます。それぞれの子は実家に帰ってこの日、七面鳥やいろいろなごちそうを食べます。ほとんどの生徒は実家に帰って休暇を家族と過ごすのですが、私たち夫婦の生徒はアメリカ人よりそれ以外の国の生徒の方が多く、飛行機代も高いですし、休暇といっても4日間だけなので、国に帰らない子が多くいます。せっかくのお休みなんだからそれでは我が家で、サンクスギヴィングディナーを、と昨年からやる事にしました。金曜の夜、一日遅れですが、何と数えたら25人以上!!!
テーブルゼッティングも一苦労、リヴングに食卓を移して、机も3つ使いました。
私が作ったお料理もほとんど完食!さすがに若いから食べっぷり飲みっぷりも凄いです。
ターキ-は今年、9キロのものを焼きました。メニューはこんが感じ、

ローストターキー、牡蠣のスタッフィン添え
ラムもものガーリックロースト(3キロ)
ローストポテト
空豆の赤ワイン蒸し。
ベービーオクラのトマト煮
ホワイトビーンズのパン粉焼き
ワイルドライス
サラダ
まだまだ他にもチーズとか、赤ピーマンディップとかいろいろです。

ワインも12本開け、もう最高の盛り上がりでした。
ザッと数えても10カ国の違う国の生徒たちです。
アメリア、カナダ、イスラエル、ミンスク、ロシア、マセドニア 中国、台湾、日本、韓国、

世界のどこかで戦争をしている今、何となく人々が仲良く出来ない今、この生徒の中には、
自分の国で争いがある子も、明日自分の国で戦争が始まるんじゃないかと心配な子も、アメリカに入国する時に必ず移民局で何時間もまたされてる子もいます。でも、彼らいつも明るく音楽が大好きな、クラリネットが大好きな若者たちです。彼らの笑顔を見ると、これから世界に戦争の無い平和が来る事を本当に祈ります。

また、クリスマスもきっと国へ(飛行機代が高いので)帰らない子たちを集めて、ディナーを作ります。

コメント

非公開コメント

プロフィール

Ayako Oshima

Author:Ayako Oshima
NY在住のクラリネット奏者,大島文子です。音楽の事,クラリネットの事、主人チャールーズ ナイディックの事をNYから発信して行きたいと思います。

Ayako Oshima on Facebook

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。