スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おかげさまで上手く行きました。

皆様にご心配、応援いただいた先週の日曜日の(12日)コンサート上手く行きました。サロンコンサート形式で非常にくだけた、俗にいうアットホームな演奏会でした。
プログラムは、
Kernis Fanfare and Schikele: quartet for cl., vln., vc and pf.
アラン カーニス、ピーター シックル、という日本ではほとんど知られていない(ヨーロッパでも)
アメリカ人の現代の作曲家の作品、これらはピアノ、チェロ、ヴァイオリン、クラリネットための作品です。
Beethoven Trio and Faure Trio for cl., vc. and pf. and others.
それに前の記事に書いた、ベートーヴェンの作品38と今回始めて、ガブリエル フォーレのピアノトリオ作品120の一楽章ををヴァイオリンの代わりに、クラリネットで演奏してみました。
これにはきちんとした理由があって、フォーレはこの作品をクラリネットのために書き始めたそうなんです。でも一楽章であきらめて、クラリネットの代わりに、ヴァイオリンにかえてピアノとチェロのトリオの作品に書き変えたそうなんです。ちょっと残念!
モーツァルトやブラームスみたいに友人にクラリネット奏者いなかったのかな???
戻れるものなら時間を戻してフォーレさんにクラリネットの為のトリオに完成していただきにお願いに行きたいくらいです。そうしたらまたまたクラリネットの室内楽の歴史は変わっていたのに、、、、、
この曲をご存知に方はなるほどと思われる思うのですが、ヴアイオリンのパートにしてはかなり音域が低いんです。部分によってはチェロより低い音を出す時があるくらいで、でもこれはクラリネットの音域にぴったり!
主人、チャールズ ナイディックがクラリネットにこだわらないで何でも演奏したいタイプの演奏家なので、私も影響されて、クラリネットのスタンダードの曲目以外にも沢山プログラムに入れたくて、今回始めてフォーレをやってみました。思いのほか上手く、そして何よりこんなに素敵な曲を演奏できた事が、うれしくてたまりませんでした。
演奏家にとって、演奏が上手くいくという事はどういう事なんだろうと。考えてみました。
音を間違えるとか、間違えないとかそう言う事はあまり関係ないような気がします。(もちろん間違えては行けないのですが、アクシデントはいつもつきもの、いちいち気にしていては演奏の流れが止まります)
なんか自分で、妥協しない追求してるものがあって(音楽で)それに限りなく近づけたときに、ちょっとうれしい!みたいな感じかな??表現する事の追求です。
それからもう一つ私の中でスゴークスゴーク大事なのが、とにかくその演奏している最中に、「楽しい!」「うれしい!」「この作品は本当にすばらしい!」と思えながら演奏出来る時。もうすばらしい作曲家の作品は、演奏しながら微笑んでしまいます。
私が演奏中に「にこ」っとしたらそれは上手く行っている証拠かな???
それを聴衆が受け止めてくれて始めて、演奏会は成功!といえるのだろうと思います。
それから考えると今回の演奏会は成功!反省はいくつかありますが、それは次のステップに!

ブログのお友達の、わたしちゃ~んいらしてくださって、ありがとう!そしてコメントくださった方々も本当にありがとうございました。無事終わりました。

コメント

非公開コメント

プロフィール

Ayako Oshima

Author:Ayako Oshima
NY在住のクラリネット奏者,大島文子です。音楽の事,クラリネットの事、主人チャールーズ ナイディックの事をNYから発信して行きたいと思います。

Ayako Oshima on Facebook

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。