スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

先週まで、ギリシャに行ってました。




主人、チャールズナイディックのお母さんは、ギリシャ人でピアニストです。お父さんはユダヤ系のアメリカ人で、しかもクラリネット奏者でした。このお母さんは再婚をして今、自分の出身国のギリシャにすんでいます。そんな訳で何年か前から年2回ほど、ギリシャにいきます。
そこで今日は音楽とは全く,関係ないお料理の話といっても、音楽家で美味しいもの好きな方、かなり多いいすよね。なんか味覚の,音覚(こんな日本語あります?)って関係してるような気がするんですが。
我々夫婦も美味しいものに目がないんです。主人も私も好き嫌い全く無し!美味しいものならなんでも食べます。そこで今日は、ギリシャで食べた美味しいもの!!!!なんと言ってもお魚がおいしいです。しかも日本の焼き魚と同じもの,写真はバブーニャという赤いお魚の塩焼きです。
後、お嫌いな人もいるかもしれませんが、グリーンの野菜のクタクタ煮、これにオりーヴオイルとレモンをかけて食します。ちなみに私は大好き。後はトマトサラダのギリシャ風。大きなフェタチーズがどーんとのかって出てきます。
これ以外にもチーズやパイやいろいろたべました。豪華な食事に、陽気な音楽。ギリシャの民族音楽はいまでも,人々の人気のまとです。クラリネットは民族音楽に欠かせない楽器です。彼らの技巧はすごくて、もう指の動きが絶妙です。
音はかなりペーペーですが、興奮させてくれる演奏です。この民族音楽はクラシックの作曲家にもすごい影響を与えています。ブラームのクラリネット5重奏の2楽章の真ん中の部分は完全に,ジプシーの音楽ですよね。ハイドンのピアノトリオにもジプシーロンドというのがありますよね。ほかにもいろいろ、ベトーヴェンの8番のシンフォニーの3楽章のトリオの部分、主人いわくこれもその頃あったババリアン民族音楽で、シュヴァーメルミュージックというのがあったのですが、そこのバンドで使われていたのが,小さなAbクラリネット、とチェロとベースのトリオだったそうです。これってこの3楽章と同じですよね。しかも,何回も出てくるクラリネットの高い『ソ』の音。ベートーヴェンはこの民族音楽隊の演奏を聴ていたと考えれば、この作品を説明も解釈もできる訳です。ブラームスが,ハイドンが聞いて自分の作品に取り入れた音楽がいまだに受け継がれて、美味しいものを食べながら、聞くことができると考えると、ちょっとすてきな、そして、感慨深いものがありませんか?
美味しいもの、良い音楽、これからも必ずうけつがれていくはずです。

ところで、ギリシャにいっていて全然PC見れなかったんですが、おかげさまで、夏の音楽セミナーの受講生が定員に達しました。もし北軽井沢のお近くで,(遠くてももちろん歓迎ですが)セミナー中の音楽会にいらっしゃれる方は,是非この受講生の応援に演奏を聴きにきてださい。このコンサートは無料です。日程は、8/11.12.13。(無料)です。我々夫婦の音楽会は8/4(有料)
詳細,お問い合わせは:
http://www.nms21.com/
あさってからマルボロ音楽祭に行きます。
またのそのこともご紹介します。

コメント

非公開コメント

プロフィール

Ayako Oshima

Author:Ayako Oshima
NY在住のクラリネット奏者,大島文子です。音楽の事,クラリネットの事、主人チャールーズ ナイディックの事をNYから発信して行きたいと思います。

Ayako Oshima on Facebook

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。