スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

音楽セミナー イン 北軽井沢。






今日は去年の夏から主人のチャールズ ナイディックと私大島文子で始めた『北軽井沢音楽セミナー』のご紹介をさせてください。
私と主人は10年以上間霧島音楽祭に参加していました。それは一口に10年と言ってもいろんな事があり、いろんな方との出会いは本当に私たち夫婦にとって貴重な財産です。私も音楽祭のあり方を本当に学ばさせていただきました。音楽祭がいかに地元の方達との触れ合いが重要かという事を、この音楽祭でひしひしと感じました。地元の方は本当に熱心に音楽祭のあり方を考えていらっしゃいました。その精神は本当にいつも頭が下がる思いだったのをいまだに熱く憶えています。っで、まあナンジャラカンジャラ言ってもそれは私たちは雇われの身、それは主催者側の意向で、一時期クラリネットのクラスはお休み.という事になり、去年から霧島音楽祭のクラリネットのクラスは無くなったのですが、それで困ったのが生徒のみなさん。今年も参加しまーすなんてメールのやり取りをしてた方もいらしたので、相談の結果、クラリネットセミナーを主人と私、ピアニストの姉の直子と始める事にしました。とにかく準備期間が短かかったので、バタバタと、それでもどうにかこうにか、無事第一回を去年行う事が出来ました。そして今年も開催されます。去年と同じ場所は『北軽井沢ミュージックホール』ここは私にとって思い出の場所で、桐朋にはいって、初めてオーケストラの合宿をしたのがこの『北軽井沢ミュージックホール』なんです。名前もなんとなく懐かしさがありますよね。っで訪ねてみると、まったく変わっていないけどんですが、ほとんど使われてなくて、雨漏りがしてる状態だったんです。でもどうしても私が音楽祭をやるなら、ここって思っていたので、わがままな妹の意見を聞いて、姉の直子が長野原町にお願いしてみました。では特別にという事で、開けていただき、その雨漏りを修復する為のチャリティーコンサートもやりました。雨が降るとうるさくてコンサートにならないかもと言われて、前日はてるてる坊主をそこら中にぶら下げました(笑)そのかいあってコンサートも無事行われ、地元の方に喜んでいただけ、今年は雨漏りもなおしていただけるという事で、又今年も音楽セミナーを行う事になりました。まだ2回目だというのに、『モーストリークラシック』夏の音楽祭という記事にも他の大先輩の音楽祭と一緒に載せていただきました。内容は私と主人のレッスン、とレクチャー、我々のコンサートと受講生のコンサート、そして今年はクラリネとアンサンブルもして楽しもうと思っています。主人が指揮をして大きなアンサンブルも出来れば良いなと思っています将来的にはアジア全体から管楽器の生徒が参加できる『アジアの管楽器の拠点』にしたいと思っています。競争の無い、本当に音楽を楽しめる、そして学べる空間を作りたいとおもっています。その空間ができるのも、このノスタルージーに満ちた、まるで時間が止まってしまっているような、『北軽井沢ミュージックホール』ならではなのかもしれません。期間は8月4日から13日までで、コンサートも8月4日ここで行われます。
詳細はこちらをどうぞ
http://www.nms21.com/
or
http://www.charlesneidichmusicseminar.com/

コメント

非公開コメント

プロフィール

Ayako Oshima

Author:Ayako Oshima
NY在住のクラリネット奏者,大島文子です。音楽の事,クラリネットの事、主人チャールーズ ナイディックの事をNYから発信して行きたいと思います。

Ayako Oshima on Facebook

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。