スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロバート マンさんの事。

ここに良くコメントをかいてくださるmorieda notoさんが私の名前をサイトウキネンのプログラムでご覧になったという、ご質問されたので、お返事した所なんですが、実は私今年初めてサイトウキネンに参加させていただきます。ではどうしてそのようになったのかをお話しします。
Robert Mannロバート マンさんはジュリアードクアルテットの創立者で、ずーと50年間第一ヴァイオリンを弾いらっしゃいました。カーターの弦楽カルテットは彼らがNYで初演なさったはずです。また、彼はアメリカで一番権威のある、ナンバーグコンクールの、第一回目のヴァイオリンの優勝者でもあり、その後このコンクールの、理事長も務められています。このコンクールは私の主人、チャールズ ナイディックが優勝したコンクールで、その関係もあって、ローバート マンさんとは、非常に仲良くおつきあいさせていただいてます。毎年彼のお家で行われるクリスマスパーティーでは、主人と、マンさんとマンさんの息子さんと、東京カルテットのヴィオラの磯村さんと、モーツアルトやブラームスのクラリネット5重奏を演奏します。私といえば日本のちらし寿司を作って持っていきます。これがもう恒例になってしまいました。
そこで、ある人が(サイトキネンに関係している方)ですが、私にマンさんが指揮をする、ベートーヴェンの7番のクラリネットを受け持ってくれますか?というお話があったので、喜んでお引き受けしたしだいです。日頃オーケストラのなかで演奏する機会がすくないので、本当に楽しみです。またマンさんの音楽に対する真剣さが大好きで、いつも何か新しいものを求めている彼の音楽はきっと素晴らしいベートーヴェンの7番を振ってくれると期待してます。
因にもう彼は80をとうの昔に超えてるはずです。奥様も常にご一緒で、又この方が、ここだけの話しですが、見た目魔女みたい、でも本当に素敵なカップルで、二人仲良く寄り添って歩いている姿は本当に微笑ましいです。これからも末永くお元気で、日本の聴衆に沢山のメッセージを送っていただきたいです。

コメント

非公開コメント

プロフィール

Ayako Oshima

Author:Ayako Oshima
NY在住のクラリネット奏者,大島文子です。音楽の事,クラリネットの事、主人チャールーズ ナイディックの事をNYから発信して行きたいと思います。

Ayako Oshima on Facebook

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。