FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エリオットカーターのクラリネット五重奏曲完成!


今日はクラリネット五重奏曲の話、
モーツァルトが弦楽四重奏とクラリネットの為に作曲したクラリネット五重奏曲K. 581がその彼の親友であった、アントン・シュタドラー(1753 – 1812)の為に書いたの有名な話ですが、その作品の存在こそが、そのモーツァルトのあとに続く作曲家にクラリネット五重奏曲を書かせる大きな役割を果たしていると私は信じています。
晩年モーツァルトは、この親友がクラリネット奏者であったという事と、その友人シュタドラーが普通のクラリネットより低音のでるバセットホルン開発に興味を持っていた事などが相まって、そのクラリネットの可能性に大きな興味を持っていたとい事が言えると思います。私くの主人、チャールズ・ナイディックが言うには『もし、モーツァルトが、あと10年長く生きてくれていたら、きっと彼はクラリネットのカルテットを、ハイドンが弦楽カルテットを確固たる地位にしたように、クラリネットカルテットをそれと同じ位の地位にしていただろう』。というのは、1783年以降に、続けてバセットホルンのトリオや五本のクラリネットの為のアダージオ(去年の北軽井沢で演奏しました)などを作曲してます。
それでもモーツァルトのクラリネット五重奏はクラリネットを確固たる地位にしてくれましした。その後、やはり、クラリネット奏者が友人だったウェーバーもクラリネット五重奏曲を書いていますし、ブラームスも、晩年、優秀なクラリネット奏者との出会いで、やはりクラリネット五重奏曲を書いています。あまり演奏されませんがマックスレガーのクラリネット五重奏曲もすばらしい作品です。
現代で言うと、ジャン・フランセ、イザン・ユン、もっともっと沢山の作曲家が書いていますよね。
さて、いつも私が、いろいろな所でお話をしている、エリオットカーターも去年、クラリネット五重奏曲を完成させました。ジュリアード音楽院のコミッションです。
つまり、主人、チャールズナイディックと、ジュリアード弦楽四重奏団の為に書かれた作品です。
その世界初演が4月の29日にジュリアード音楽院の大ホールで行なわれます。
本当にみんなが待ちに待った、作品です。今年がカーターの100歳のお誕生日という事もあって、これはニューヨークタイムスにも大々的に取り上げられるはずです。歴史に残る一夜になるでしょう。
日本初演も是非是非実現させたいです。
http://www.juilliard.edu/asp/calendar/event1.php?intEvID=-1999908979

一月以上のご無沙汰でした。

一月以上のご無沙汰でした。相変わらず元気に過ごして居ります。
2月の終わりから、3月のはじめは、我々(主人、チャールズナイディックと私)が教えてている各学校で入試が行なわれます。
日本もこの時期に入試ですよね。でもこちらは、9月が新学期なので、3月という事はかなり前に入試が行なわれます。

我々が教えている学校は、ニューヨークのエリアで、5つ、その内二人とも教えているのが、ジュリーアド音楽院です。
やはりこの学校が1番、試験の日数が長くて。3日間、朝から夕方まで、ビッチリ行なわれます。試験を受けにくる人数は今年は70名ほど、アメリカはもとより,世界各国からきます。今年はニールセンが多かったですね。10年前はニールセンを暗譜で演奏する生徒はわずかでしたが、クラリネットのレベルはどんどん上がっているようで、うれしい限りです。
うれしい限りと言えば、北軽井沢のミュージックセミナー参加組がかなり多く受験をしました。みんな本当に良く演奏してくれました。NYでみんなと一緒に同窓会をやりました。

私達の足跡が、確実に残っている手応えがありました。中国からも大変優秀な生徒が見受けられました。

私たちが北軽井沢で行なっている、ミュージックセミナーのコンセプトは、アジアの木管奏者のレベルを上げるという事があります。このように優秀な演奏家が巣立ってくれると、私達も頑張って続けていこうという、励みになります。
今年の、チャールズナイディック、ミュージックセミナーin 北軽井沢の募集開始の時期が来ました。
今年は日程がちょっとはやまりました。ほとんど同じです。

オープニングギャラコンサートを8月1日に行ない講習会は2日から12日まで続きます。
http://www.nms21.com/

またまたいろんな方にお世話になって、楽しい10日間を生徒たちは過ごして、そしていっぱいいっぱい思い出を持ってえることでしょう。

ところで、今月号の「クロワッサンプレミエム」の私が載ります。ほんの1ページですけど、私の本当に歳がわかりたい人は必見です。(笑)
http://premium.magazine.co.jp/issue/006/

無事、コンサートを終えて、先週NYに戻りました。





先週無事日本での、コンサートを終えてNYに戻って来ました。今回もいろいろな方に、お世話になって、また新しい出会いもあり、忙しかったですが本当に充実した時間を過ごす事が出来ました。ブログを通しての友人も増えて、本当に現代ならではの広がりで、本当にうれしく思っています。今回はのコンサートは、そう言うブログをとおしてのお友達や、夏の北軽井沢のセミナーでお世話になっているかたや、松本で去年の夏にお遇いした方や、大阪では何年ぶりかにあった昔の生徒さんや、なつかしい方々にも多く再会できて、皆様の暖かいぬくもりを感じながら演奏する事が出来、本当に感謝しています。

私のコンサートの事を記事にして下さった方がたです。
「四季ガーデン」のsetさんhttp://blogs.yahoo.co.jp/setsuko2210/.html
「大津屋製靴店のコーヒーブレイク」の大津屋さんhttp://blogs.yahoo.co.jp/etizen_392
「我家がホスピスになった・・・そして」のkomorebi_sampoさんhttp://blogs.yahoo.co.jp/komorebi_sampo/.html
「KIK家の気張らない主婦業」のkikさんhttp://plaza.rakuten.co.jp/kikez/
「トレモロの響きにのせて」のポメマルさんhttp://pomemaru.blog46.fc2.com/
「楽子の小さなことが楽しい毎日」の楽子さんhttp://rakuko.exblog.jp/


今回最後のコンサートは松本だったのですが、姉の直子が、『篠ノ井線の電車の中かる見る景色が美しいらしいので是非帰りは篠ノ井線に乗りたい。特に姨捨から見る景色は絶景らしい。』という意見に皆が、賛同!すかさず、姉妹三人は(私たちにはもう一人上に姉がいます)母の顔を見て、『決して捨てませんから』と約束をして、(冗談)松本から、各駅停車篠ノ井線に乗りました。久しぶりに乗る各駅停車です。止まる駅、止まる駅に風情があり、人が少ない分と、雪が積もっているせいかとっても静かで、鈍行ですから電車も静かで、真冬の電車の椅子の暖かさがまた何とも言えず、気持ちよく、コンサートの疲れでうとうとしながら、たまに目がさめて、窓から見える雪をかぶったやまやまの美しさに、改めて日本は美しいなあと思った次第です。なんか何年も何年も忘れていた懐かしい時間を過ごせたような気がしました。二枚目からの写真が姥捨てからの景色です。
この美しさをいつまでもいつまでも守っていきたいですね。

遅くなりましたが、『鬼は外!』『福はうち!』

明けましておめでとうございます。

明けましておめでとうございます。昨年は本当にいろいろな方と、素敵な出会いがありました。今年もまた素敵な出会いをどんどんしたいと思っています。

こんなに更新しないブログなのにコメントを書いて下さって、本当にありがとうございました。また、今年もこんな感じですが、どうぞ宜しくお願いいたします。

昨日こちらのラジオで、「あるリサーチで、2001年の9.11以来、人々が非常に不安で落ち込んだ気持ちで生活をしている。という結果がでた。」と言っていましたが、私に言わせれば、「9.11以来ではなく、ジョージ、ブッシュがアメリカの大統領になって以来」と言い換えていただきたいと思いました。またこのラジオも、アメリカの(日本もそうです)お得意のプロパギャンダです。9、11と言えばすべての政策が正当かされる、、、、アメリカの政府は今度は何を企んでいるんでしょうか?
おっとお正月そうそう、何とも先行き不安な話題になってしまいました。

音楽はその聞いて下さる方々一人一人の心に響くべき物だと思っています。
どんなに不安な世界情勢でも、音楽を演奏し続けられる事に本当に幸福を憶えます。
私は、私の演奏で人々の心を癒そうなどとは、思った事もありません。
ただ私の感性を皆様と分かち合いたいと思っています。
音楽は時間とそして空間を分かち合う物だと思っています。

今週日本に帰ります。演奏会がいくつかります。そこで是非是非皆様と時間と空間そして私の感性を分かち合えてたらと思っています。
今年も皆様にとって素敵な年になりますように!

いつもの出だしですが、ご無沙汰しています。皆様お元気ですか?




前の記事からもう二ヶ月近くたとうとしています。本当にご無沙汰しました。皆様お元気でしょうか?きっと暮れでお忙しい事と存じます。
私は先月11月の半ばから、12月のはじめまで、日本に帰っていました。今回は演奏会ではなく前にも書きましたが、コンクールの審査で帰国しました。実際に審査をしたのは5日間だけだったのですが、審査と審査の間が開いてしまって、結局2週間以上いる事になりました。
そこで今回、開いているスケジュールを使って新しいCDの録音をしました。そしてそのCDが来月一月の中旬に発売になります。
日本に歌だけを入れた、CDです。内容を簡単にお知らせすると、「からたちの花」、「赤とんぼ」、「ペチカ」など山田耕筰の作品を八曲ほど、石川啄木の詩に高田三郎が音楽をつけた作品を八曲ほど、その他に「七つの子」「シャボン玉」「宵待草」など27曲録音しました。
私の母は声楽家だったので、子供のころからから日本の歌は聞いていました。
この事は詳しくCDのブックレットに書いてありますが、とにかく初めて、高田三郎の作曲、石川啄木の「不来訪(こずかた)の」を聞いたときその音楽と詩のすばらしさに凄く感動したのを今でも憶えています。その言葉の美しさと、意味の深さ、そして音楽のすばらしさです。
「不来訪の お城の草に寝ころびて 空にすわれし 十五の心」
我々のCDはこの「十五の心」をタイトルにしました。
私はリサイタルのプログラムにもう何年も前から、日本の歌を入れて来ました。
言葉をしゃべれない楽器が歌の意味をどれだけ表現できるかというのは私の長年の課題でした。この詩の美しさと、言葉のもつ深い意味、そして「こころ」を表現するという事に今回挑戦をしてみました。
自分で言うのもお恥ずかしいのですが、姉、大島直子のピアノもすばらしく、我々が本当に満足のいく物に仕上がりました。
このCD発売に合わせて、来月1月に東京、群馬、大阪、松本、で演奏会を行ないます。もちろん、この日本の歌もプログラムに入っています。是非是非聞いていただきたいです。もしお近くでしたら是非お足をお運びください。
来年も今年同様、素敵な出会いがありますように!
良いお年をお迎えください。
http://www.ayakooshima.com

2008年一月
18日:7時開演 新宿、ドルチェ楽器サロンhttp://www.dolce.co.jp/concert_tokyo.html#cl-fumiko
20日:3時開演、群馬県東吾妻町コンベンションホールhttp://www.pref.gunma.jp/cts/PortalServlet?DISPLAY_ID=DIRECT&NEXT_DISPLAY_ID=U&CONTENTS_ID=53045
22日:6時半開演、大阪ブラスアライアンス、サロンhttp://osakabrass.com/
24日:8時開演、松本浅間温泉、菊之湯ロビー http://kikunoyu.com/

プロフィール

Ayako Oshima

Author:Ayako Oshima
NY在住のクラリネット奏者,大島文子です。音楽の事,クラリネットの事、主人チャールーズ ナイディックの事をNYから発信して行きたいと思います。

Ayako Oshima on Facebook

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。