FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サイトーキネンの事、カールライスターのこと





もう何ヶ月も前の事になってしまいましたが、今年もサイトーキネンに参加させてい頂ました。
今年は、カールライスターのセカンドでラフマニノフの2番と幻想のエスクラを担当する事になりました。ライスタートは。随分昔にほんの少しお遇いしただけで、もちろん、彼がわたしを憶えている訳はありません。
でも、わたしがチャールズナイディックの奥さんだってもう知っていいて、なんかそれもそれでへんな感じがしました。

演奏は自分でいうのもなんですが、上手くいきました。わたしは見かけによらず(と自分で思っているだけですが)セカンドが大好き!つまり、2番クラリネットを担当するのが大好きなんです。音程もフレーズも、ピッタリ一番につけて、そしてより音楽的に、心地よく、ソロを演奏させる、縁の下の力持ち、それが2番の醍醐味!(たまにやるからそう思えるのかもしれませんが)
今年もたっぷり楽しませていただきました。それも、どうであれ、むかしのベルリンフィルのトップ、カールライスターのセカンドです。こんな面白い事はめったにありません。
しかも彼は相当勝手に演奏する、「あれじゃ指揮者も無視してるんじゃないの」ていうくらい、自分のテンポで自分の音楽やっちゃう!
わたしといえば、彼につけながら、弦ともずれないように、引っ張りながら、となかなかスリリングでした。
音楽的な話も沢山させていただきました。
ナンジャラカンジャラ言ってもやっぱ,天下のライスター、本番は誰よりも目立って、音楽的に(これが非常に重要)自分のソロを完璧に演奏する。その徹底したプロ根性に脱帽!沢山勉強させていただきました。
余談ですが、ライスターが「私はいくつだと思うか?」としつこく聞いた時は、「70歳」だと知っている私としては何と答えて良いかわからず、知っているのに、60歳?なんて嘘つけないし、知ってるからどこから見たって70歳だし、、、
スゴーイ困った。でも、「おわかいですねー」ッて言ったら、スゴーク喜んでたから、良かった。

写真は、ご一緒させていただいた、鈴木高通先生と山本正治先生、お世話になりました!

来週は日本に帰ります。
管打楽器コンクールの審査です。
2日で177人聞かなければいけないそうです。
これは労働法に違反じゃないですか?助けてー!(笑)

大変ご無沙汰いたしました。皆様お元気ですか?






本当にご無沙汰しました。3ヶ月もブログを更新していませんでした。その間に、いろんな事がありました。北上、山形での演奏会も成功で、主人、チャールズナイディックと堀米ゆず子チャンとの息もぴったりで、モーツァルトの五重奏は大変良い演奏でした。ただ、あれだけ素敵な演奏をする人たちのコンサートなんだから、もっともっとお客様に来ていただきたいです。大きな花火を打ち上げたコンサートだけでなくッて、地道な音楽活動を続けている音楽家の演奏をもっともっと多くの方がたに聞いていただきたい物です。でもここで面白い話を思い出しました。日本のオーケストラのコンサートのお客様の層が変わっているそうですね。なんか、音楽大学のマンガのせいで、若い人が多く、昔からのクラシックのファンのおじさまたちがその状態に切れてるそうです。でも日本の独特の風習で、あのブームだったテラミスも、ナタデココも今ではあまり見かけなくなりましたよね。きっとこの騒ぎも一時的な事なんでしょうが、私はこの若い漫画のせいで音楽会にいったの人の中で、感動してまた行こうと思ってくれる人がいたらそれはそれで素敵な事だと思います。ただ、携帯につけてる鈴だけは気をつけてください。と話がそれましたが、3ヶ月もさぼっていたので、書きたい事やご報告がたまってしまって、何から書こうか迷っているのですが、前回の記事からの流れからやはり、北軽井沢セミナーの事を今日は書きます。
このブログにも沢山応援のメッセージをいただき、本当にありがとうございました。今年も無事おわり、沢山沢山素敵な出会いがまたありました。オープニングのチャリティーコンサートも、今年から我々が受け持つ事になった長野原クラシックコンサートも本当に良い演奏で多くの方々に喜んでいただくことが出来ました。
オープニングでは地元の鬼押し太鼓も出演して下さって、それこそ呼び寄せ太鼓を打っていただきました。長野原コンサートでは我々と群馬交響楽団や日本交響楽団の方々と一緒に本当に楽しい演奏会をする事が出来ました。主催の長野原教育委員会の皆様もお疲れさまでした。
この両コンサートの事は、このブログでお友達になった、軽井沢におうちをお持ちのsetさんが詳しくコンサートのあとすぐに記事にアップして下さいました。setさん、お礼が遅くなってご免なさい。本当にうれしい限りです。
http://blogs.yahoo.co.jp/setsuko2210/35654827.html
http://blogs.yahoo.co.jp/setsuko2210/35654827.html
今年は去年にも増して多くの方々に喜んでいただけたのには、大きな理由があります。それは、北軽井沢で行なっている我々の音楽活動に心から賛同をしてサポートをしてくださるという地元の方々が名乗りを上げて下さいました。そして出来上がったのが「北軽井沢ミュージックホールフェスティヴァルサポーターズ」です。
今までホールのセッティングから車の誘導、キップ切り、レセプションの準備などなど全部我々や家族でやらなければ行けなかったのが、今年は、全部サポータズの皆さんがやって下さいました。それに加えて、お花やレセプションへの差し入れ、車を貸して下さったりと、本当にありがとうございました。
我々の音楽活動を通して、人々の輪がどんどん大きくなってくれればと、思っています。そのような「人の愛情」がどれだけ、重要かをこの北軽井沢セミナー講習会に来てくれた次の世代の若い人々に音楽と人間との出会いで、伝えられればと思っています。
今年はフィリッピンからも生徒が参加をしてくれました。これからもどんどん、アジア全体から生徒が参加をしてくれる用になればと心から思っています。でもその為にはどこからか「お金サポーターズ」を探してこなければなりません。我々本当にこれが苦手て、どなたか得意な方、名乗りを上げて下さいませんか!ッてそれは冗談ですが、来年も素敵な、心のこもった、人の暖かい心がどんどん広がる、そして天下一品の演奏を北軽井沢セミナーで行ないます。また応援してください。
すべての行程が終わって、北軽井沢恒例の花火を見て、みんなで打ち上げをしている時にある子が涙目で『終わりたくなーい。まだここにいたーい。たのしかったよー』と言っていました。
その次の日、ずーっとこのセミナーの様子を写真に撮って下さっていたサポータズのメンバーの高橋さんから写真が入った2枚のCDをすべての生徒のいただきました。生徒は本当に本当に大喜びで、その思いでをもってそれぞれの帰途につきました。
次回は、ことセミナーの後すぐ行った、松本のことをちょっと書きます。

コンサートのおしらせです。


みなさま、台風お見舞い申し上げます。
皆様が、被害にお遇いになっていない事、心よりお祈り申し上げます、
私は今もう東京にもどっていますが、帰って来たらまたもや大変なお天気になってしまい、いつも日本に帰ってくるとお天気が悪くって、私はやはりかなり強烈な雨女のようです。
私の主人はそれに輪をかけて、異常気象男で、今年は、行く所行く所、猛暑に見舞われ、ロシアでさえ、猛暑で、なんと、今いるマルボロ音楽祭のある、山の中も雨で暑いそうです。
その、異常気象男、と強烈雨女のコンサートのお知らせです。(笑)
また例年のように、北軽井沢ミュージックセミナーのオープニングチャリティーコンサートが行なわれます、今年は地元の鬼押し太鼓も参加してくださるそうです。コンサートの後に校歓会もあって、ワイワイ楽しくなりそうです。また、今年は、北軽井沢恒例のクラシックコンサートで、私と主人と郡響の木管の方々と、一緒に楽しい管楽器の作品を演奏します。
実は今年はその前に、主人がヴァイオリンの堀米ゆず子さんと山形の方で、演奏会がはいっています。これは、バールトークとモーツァルトの五重奏をやります。いく所行く所、お天気になりますように、今から祈ってます。それでは予定をお知らせします。

7月28日(土)
北上市文化交流センターさくらホール 
16:00- コンサート(15:30開場)
連絡先:024-0084岩手県北上市さくら通り2-1-1
   Tel: 0197-61-3300 / Fax: 0197-61-330
出演:チャールズナイディック(cl)
   堀米ゆず子 (vl)
   有森直樹 (pf) 他
<プログラム>
ベートーヴェン:ヴァイオリン・ソナタ第5番 ヘ長調 op.24 「春」
バルトーク:2つのヴァイオリンのための二重奏曲より
バルトーク:コントラスト
***休憩***
モーツァルト:クラリネット五重奏曲

7月29日(日)
山形テルサ・テルサホール
18:00- コンサート(17:00開場)
連絡先:990-0828山形県山形市双葉町1-2-3
    Tel: 023-646-6677 / Fax: 023-647-0123
<プログラム>
ベートーヴェン:ヴァイオリン・ソナタ第5番 ヘ長調 op.24 「春」
バルトーク:2つのヴァイオリンのための二重奏曲より
バルトーク:コントラスト
***休憩***
モーツァルト:クラリネット五重奏曲
出演:チャールズナイディック(cl)
   堀米ゆず子 (vl)
   有森直樹 (pf) 他


北軽井沢ミュージックホールフェスティヴァル(8月4日~8月15日)

8月4日 オープニング ガラコンサート
北軽井沢ミュージックホール
18:00- コンサート(17:30開場)
<プログラム>
鬼押し太鼓の方々の演奏
ショーソン:アンダンテとアレグロ(cl&Pf)
ケスラー:クラリネットトリオ
プーランク:クラリネットソナタ
日本の歌:赤とんぼ、からたちの花、他
尾高惇忠:二本のクラリネットとピアノのための
     ”DIALOGUE"
サンサーンス:イントロダクションとロンドカプリティオーソ

出演:大島文子(お話、cl)
   チャールズナイディック(cl)
   ハナ キム(cl)
   大島直子(pf)
   鬼押し太鼓のみなさま
   
8月8日『ハールモニーミュージック in  北軽井沢』
北軽井沢ミュージックホール
18:30- コンサート(18:00開場)
出演:クラリネット:チャールズ ナイディック 千葉理 大島文子 ハナ キム 大橋佳世子
   ホルン:阿形俊二 関本隆夫
   ファゴット:鈴木仁志 西岡千里
   コントラバス: 山崎実

<プログラム>
モーツァルト、フィガロの結婚 Sartorius (サトリウス編曲)
モーツァルト、クラリネット5本のための『アダージオ』
ウェバー アダジオとロンド
休憩
モーツァルト、木管6重奏のためのセレナーデ Es Dur K375
   
北軽井沢ミュージックフェスティヴァルのお問い合わせ及び切符の取り扱い:
    アルテナ社
    Tel:03-3711-0328
長野原町北軽井沢区事務所
Tel:0279-84―3004 
北軽井沢観光協会
Tel:0279―84―2047
    長野原町公民館(8日のコンサートのみ)
    Tel:0279―80-1022
メールでのお問い合わせ:
    ayaneidich@aol.com

それでは皆様のお越しを心よりお待ち申し上げております。

主人、チャールズナイディックがバンジャの表紙にのりました。


主人が、今月号(7/10発売)バンドジャーナルの表紙になりました。
http://www.ongakunotomo.co.jp/magazine/bandjournal/index.html
 ★表紙&SPOTLIGHTは、3月に来日してコンサートとレクチャー、セミナーなどを行なったアメリカのクラリネット奏 者、チャールズ・ナイディックさんです。奥さんが日本人の大島文子さんで、日本語は話せないながらも話していることの意味 が分かっているとか。ユーモアのなかに込められた「クラリネットの神様」のメッセージをぜひ玩味熟読してください。

良かったらまた本屋さんで、見てください!まずはご報告まで!

今更ッて思われる方もいらっしゃると思いますが、ほんとに感動した映画でした。




私はほとんど全くと言っていい程、映画館に映画を見に行くという事は無いのですが、何年ぶりかに行きました。そしてその映画が、本当にすばらしかったので、どうしても、書きたくなっちゃいました。
日本でも今年の始めに上映されたようですが、ここNYではまだどこかの劇場で見れます。というくらい長く続いているという事なんだと思います。
それは英語名『The Lives of Others』http://www.sonyclassics.com/thelivesofothers/swf/index.html
ドイツ語名『Leben der Anderen, Das』
日本語名『善き人のためのソナタ』http://www.yokihito.com/

内容は、是非ご覧になっていただきたいので、申し上げませんが、
私が一番思ったことは、芸術と人間の関係です。芸術の存在、そして、人間が人間として、無意識のうちに持っている美意識。
私もその事を考えて、これからも音楽家続けていきます。
是非是非ご覧になってください。(DVD、8月に発売だそうです)

プロフィール

Ayako Oshima

Author:Ayako Oshima
NY在住のクラリネット奏者,大島文子です。音楽の事,クラリネットの事、主人チャールーズ ナイディックの事をNYから発信して行きたいと思います。

Ayako Oshima on Facebook

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。