スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

無事コンサートが終わりました。

きのう無事コンサートが終わりました。
かなり好評で,皆様楽しんでいただけたようです。
それぞれの作曲家の日記や手紙を読んだのが、より作品を理解する事が出来て、大変よかったとのご意見をいただきました。
やはりこれからも、聴衆と一体になれる演奏会を続けて行きたいと思います。
来年はのテーマは何にしようかね???

NYでコンサート

きのう、東京で行うリサイタルと同じプロがラムの演奏会を、NYのパークアヴェニューにあるCentral Presbyterian Chuarchhttp://www.centralonpark.org/で行いました。
はじめにロベルト シューマンのop73の原曲にそったもの,これは一般には「幻想曲Fantagy Stuck』ですが、シューマン直筆の楽譜では、『ソワレ、ステュックSoiree Stuck』となっています。内容も出版されているものとは少々違っています。
その後にロベルト シューマンのヴァイオリン ソナタop105、この2曲を前半に持って来たのですが,かなりきついです。
後半はクララシューマンの「ヴァイオリンとピアノのための3つのロマンス」で初めて、ブラームスの「クラリネットソナタop120の2番」。クララの作品は大好評で,吹き続けでかなりきついですが,クラリネットに適したん作品だと思います。
ブラームスのソナタはやはりすばらしい作品です。きのうはかなり良い演奏ができました。一音一音丁寧に,意味を持たせて、いつもながら私の主人チャールズ ナイディックの解釈どうりに演奏するのはかなりかなり大変ですが,昨日はいくつか思いどうりにいったようです。とにかくこのすべての作品が超ロマンティック!
東京での演奏会ではこの3人の関係を知るために大変重要なそれぞれの,それぞれに書いた手紙を読みながら,演奏を行う企画です。手紙を読んだらロマンティック度はもっと増す事になりそうですが、私たちの演奏もその事を思うのと思わないのではかなり違ってきます。
この3人がどのような関係であったかは、今となって想像の世界でしかない訳ですが、この3人の残した作品を演奏する事によって、何かが読み取れそうな気がします。
それにしても,演奏しながら泣く訳にはいかないのですが,本当にどの作品もハーモニーと旋律が美しく,胸に込み上げてくるこのしばしばでした。
東京での演奏会もすてきなものになるよう、明日日本に帰ってからもう一で練習し直して,挑みたいと思います。

文子のプロフィールです

ソロクラリネット奏者及び室内楽奏者である大島文子(あや子)は桐朋学園大学音楽科を卒業後、アメリカ、イーストマン音学院に留学。その後第3回管打楽器音楽コンクール第3位(1位なし)、第55回日本音楽コンクール優勝、第17回ベオグラード国際コンクール第3位、同時に聴衆と批評家が選ぶベストパフオーマーに贈られる『ゴールデンハープ賞』を受賞。
1989年カザルスホールのリサイタルを皮切りに日本各地で数多くのソロリサイタルを行う他、読売交響楽団、新日本フィルハーモニー、広島交響楽団、関西フィルハーモニー等とコンチェルトを共演する。
夫でクラリネット奏者であるチャールズ ナイディックとともに古楽管楽器アンサンブル『モッツァフィアットMozzaf i ato』を結成。ソーニークラシカルより数多くのCDをリリースする。
現在アメリカ ニューヨークを拠点とし世界でも数少ない現代クラリネット及び古楽器クラリネット奏者として、日本、アメリカ、ヨーロッパ各地で演奏活動を行う。
いままでに東芝EMI(ソロアルバム)、ビクターエンターテイメント、ソニークラシカル、よりCDをリリース。全曲アメリカ人の作曲家による3枚目のソロアルバム『American Snapshots 時空をこえて』を姉の大島直子とオクタヴィアレコードよりリリース、レコード芸術、音楽の友各誌に取り上げられ、朝日新聞で今月の10枚に選ばれる。
2003年より毎年テーマを決めて、お話しを交えたコンサート『スピリッチュアルコンサート』を姉と開催。多くのファンを魅了している。
ジュリアード音楽員講師 及びニューヨーク州立パーチャス音楽院助教授を勤める。

スピリッチャルコンサート3


ご無沙汰をしております。また今年も私ども姉妹で『スピリッチャルコンサート3』を開催いたします。今回はロベルトシューマンの没後150年という事もあって、テーマを、クララ シューマン、ロベルト シューマン、そして、ヨハネス ブラームス、この
『3人の愛と苦悩』と題して,彼らの手紙をご紹介しながら演奏いたします。
お忙しいとは存じますが,私どもとお時間をおわけいただければ幸いです。
                                 大島文子、直子 2006年3月




プログラム
Clara Schumann: Drei Romanzen クララ・シューマン:3つのロマンス
Robert Schumann: Sonaten Op.105 ロベルト・シューマン:ソナタ作品105
Robert Schumann: Soiree Stuck ロベルト・シューマン:幻想小曲集
Johannes Brahms :Sonaten Op.120 No.2 ヨハネス・ブラームス:ソナタ作品120-2

大島文子(クラリネット)
大島直子(ピアノ)
2006年4月6日(木) 19:00開演(18:30開場)
めぐろパーシモンホール(小ホール)
http://www.persimmon.or.jp/access/index.html
全自由席2,500円お問い合わせ:03-3711-0328 (アルテナ社)
演奏会後、トーキングパーティー(別料金2,500円)

E-メールでのお申し込みは下記のアドレスにアクセスして下さい。
http://form1.fc2.com/form/?id=94465

プロフィール

Ayako Oshima

Author:Ayako Oshima
NY在住のクラリネット奏者,大島文子です。音楽の事,クラリネットの事、主人チャールーズ ナイディックの事をNYから発信して行きたいと思います。

Ayako Oshima on Facebook

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。